« ●この人は時々ちょっとおかしい | トップページ | ●よくわからない変遷 »

2011/03/04

●前回の続き

F1人工ウエットレースに賛成の声
大前提として「ウェットコンディションは大変危険である」ということが
抜けてるんじゃないか? ナイトレースもそうだけど、94年以降安全
安全とうるさく言ってきたのにそういう危険な要素を持ち込もうとする
ことが理解できない。

逆にいえばそういう要素を持ち込もうと考えなければならないくらい
今のF1がまずいってことだよね。例えばクビサやライコネンのように
F1以外のレースを楽しむドライバーがいる。それはつまりF1だけでは
ストレスがたまるからじゃないだろうか。F1が楽しくない。
もっとも、さらに昔になると複数のカテゴリー掛け持ちなんてよくあった
話なのですが。

雨のレースは波乱を演出しますし、マシンの差が出にくくなります。
でもそれは誰も逆らえない大自然がもたらすものだからみんなが納得
するんです。人工的にやると恣意的なものが介在する危険がある。
レース中全時間全コースを水浸しにする水の使用も問題になるでしょう
から「F1のレース中、人工的に雨が降った状態」ということになるん
ですよね。そうなったら、いつ水をまくかということが問題になります。
「レース開始から1時間後に撒きますよ」と宣言してたらみんな対策
する。のろのろ運転で一斉ピットインなんてことにも。

「レーススチュワードが散水ボタンを押すタイミング決める」だと「あの
ドライバーが通り過ぎてから」なんて恣意が介在する危険が潜む。
やるとしたらプログラムによってランダムにってことになるんでしょうが。

だからもう一度よく考えてほしいですね。
可変ウィングとかKERSとか、使用するのにやたら気を使い、ステア
リングにボタンが増えるだけのシステムや、こんな人工ウェットみたいに
真剣勝負に水を差すようなものをくわえ続けるほどF1は終わって
しまってるんだということを。ファンは第三者の手が加わるショーが
見たいのではなく真剣勝負が見たいんです。

|

« ●この人は時々ちょっとおかしい | トップページ | ●よくわからない変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●前回の続き:

« ●この人は時々ちょっとおかしい | トップページ | ●よくわからない変遷 »