« ●舞-HiME DVD Vol.9 | トップページ | ●やっと見つけた »

2005/09/23

●一言で済むことをグダグダ論じるな

校内暴力:カッター見せ、椅子振りかざし キレる小学生

『小学校が荒れている背景について、識者の見方はさまざま』
じゃないっつーの。家でのしつけが出来ていない、これに尽きる。
教育というものは、しつけが出来ていて初めて施せるものだと思う。
しつけが出来ていないものに教育を施すことなど出来ない。それを
親は自分の不始末を棚に上げて「学校が何とかしろ」という。
学校はしつけをするところではない。しつけは家庭で親がするものだ。

親は「家ではいい子。暴れるなんて考えられない」と繰り返す。
というが、親から見たいい子が必ずしも他人が見てもいい子とは限ら
ない。最近の親は子供を甘やかす。子供がちょっとでも駄々こねたら
欲しいものをあっさり買ってやる。子供が欲しいものを買うのに「お金が
足りない」というと親があっさり金を出す。そんな親子を何度も見てる。
ここでいう「親から見たいい子」というのは単に反抗して暴力を振るわ
ないだけに過ぎない。というか親が子供に妥協してやってるのだ。
そりゃいい子に見えるだろうよ。親の方が歪んだレンズで見てる
だから。考えられなくても暴れてるのは事実なんだから、手前らの
尻は手前らで拭け。学校や教師に押し付けるな。

こうなると先生は恐怖政治を敷くしかないと思うよ。
教師を恐れさせないとおとなしくならんでしょ。
できれば畏れを抱いて言うことを聞いてほしいものですがね。
まあ上のような感じで自分らのことを棚に上げて学校側に責任を
なすりつけようとする連中の集まりであるPTAがそういう教師を
根絶やしにしてきましたからねぇ…。なんだ、結局は親が悪い
ということだね。以上、持論終わり。

私は結婚も子作りも出来ないと思うからどうでもいいって言えば
いいんだけど、人にものを尋ねる言葉遣いもなってないガキどもが
買い物に来る店をやってる人としては何とかして欲しいところ。

|

« ●舞-HiME DVD Vol.9 | トップページ | ●やっと見つけた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●一言で済むことをグダグダ論じるな:

« ●舞-HiME DVD Vol.9 | トップページ | ●やっと見つけた »